医学部受験合格偏差値などランキング

順位大学学部偏差値
(河合塾)
合格最低点
(%)
実質倍率初年度納入費
1東京大 理科三類《医学部》72.568.64.882万円
1慶應義塾大 医学部72.59.5379万円
2京都大 医学部 医学科7069.12.882万円
2大阪大 医学部 医学科7078.22.582万円
2東京医科歯科大 医学部 医学科70684.282万円
2九州大 医学部 医学科7079.43.282万円
2東北大 医学部 医学科7079.23.682万円
2名古屋大 医学部 医学科7072.92.582万円
2東京慈恵会医科大 医学部 医学科7062.96.4350万円
2千葉大 医学部7077.23.482万円
2順天堂大 医学部7016.2290万円
2日本医科大 医学部705.7545万円
2東邦大 医学部7069.624.6530万円
14神戸大 医学部 医学科67.579.8382万円
14広島大 医学部 医学科67.583.1882万円
14筑波大 医学部 医学科67.583.23.782万円
14岡山大 医学部 医学科67.581.62.882万円
14京都府立医科大 医学部 医学科67.564.33.3103万円
14大阪市立大 医学部 医学科67.576.32.988万円
14大阪医科大 医学部67.5642.7660万円
14熊本大 医学部 医学科67.574.76.282万円
14横浜市立大 医学部 医学科67.571.62.6113万円
14北海道大 医学部 医学科67.5792.782万円
14金沢大 医薬保健 医学部67.5782.982万円
14名古屋市立大 医学部67.581.75.6106万円
14長崎大 医学部 医学科67.54.582万円
14関西医科大 医学部 医学科67.562.815586万円
14岐阜大 医学部 医学科67.5882万円
14山口大 医学部 医学科67.58.282万円
14自治医科大 医学部67.518.7463万円
14近畿大 医学部67.5607.7680万円
14富山大 医学部 医学科67.571.82.182万円
14昭和大 医学部67.56612460万円
14東京医科大 医学部67.518.8757万円
35奈良県立医科大 医学部 医学科6576.46.6137万円
35新潟大 医学部 医学科652.882万円
35滋賀医科大 医学部 医学科6569.84.782万円
35三重大 医学部 医学科6581.4282万円
35鹿児島大 医学部 医学科6579.13.982万円
35和歌山県立医科大 医学部652.9129万円
35札幌医科大 医学部6574.34.3102万円
35浜松医科大 医学部 医学科654.282万円
35秋田大 医学部 医学科6582.13.182万円
35佐賀大 医学部 医学科6581.54.182万円
35群馬大 医学部 医学科653.882万円
35香川大 医学部 医学科6581.65.282万円
35宮崎大 医学部 医学科6571.84.482万円
35高知大 医学部 医学科6576.33.582万円
35弘前大 医学部 医学科6578.211.882万円
35鳥取大 医学部 医学科6581.36.382万円
35愛媛大 医学部 医学科6572782万円
35琉球大 医学部 医学科6582.14.582万円
35島根大 医学部 医学科6577.26.682万円
35大分大 医学部 医学科6567.52.482万円
35産業医科大 医学部6517.9612万円
35山形大 医学部 医学科6577.72.582万円
35福島県立医科大 医学部6566.64177万円
35福井大 医学部 医学科6573.92.982万円
35日本大医学部6558.917.6635万円
35杏林大 医学部6522.71005万円
35久留米大 医学部6566.712.1931万円
35兵庫医科大医学部6556.313.7903万円
35藤田保健衛生大 医学部6560.86.2750万円
35愛知医科大 医学部6560.69.2950万円
35東京女子医科大 医学部6566.59.9890万円
35金沢医科大 医学部6530.41194万円
35北里大 医学部658.3901万円
35福岡大 医学部657216.382万円
35岩手医科大 医6519.182万円
35帝京大 医学部6577.729940万円
35埼玉医科大 医学部6540.6882万円
72徳島大 医学部 医学科62.571.64.282万円
72信州大 医学部 医学科62.574.96.482万円
72旭川医科大 医学部 医学科62.574.911.782万円
72東海大 医学部62.58133.1647万円
72聖マリアンナ医科大 医学部62.532690万円
72獨協医科大医学部62.517.61030万円
72川崎医科大 医学部62.521.61201万円

合格最低点:国公立大学の場合,センター試験+二次個別試験の総合
実質倍率:2段階選抜の場合,センター足切後の倍率、国公立は前期一般入試

慶応大学医学部を除いて国公立大学医学部医学科が上位を独占しています。私立大学医学部の問題と国公立大学医学部の問題には,大きな差があります。医学部合格率90パーセント以上を誇る勉強法を使ってミリカ予備校で一緒にがんばりませんか。

ミリカ予備校では,超一流のプロの講師が映像ではなく,大人数でもなく,直接少人数で教えます。個別の指導も交えながら医学部受験・医学部合格を請け負います。他の予備校で何年経ってもうまくいかない人も,ミリカ予備校にすべてを託してください。お医者さんのお父さんから「やっと合格できましたわ。ありがとうございました」という言葉をいただいたときには,本当に医学部受験を請け負ってよかったと思います。他にもたくさんの医学部受験・医学部合格のための予備校がありますが,合格率とシステムが違うミリカ予備校で,一年過ごしてみませんか。

私立大学医学部医学科の入試倍率について

私立医大は,国公立志望の受験生も滑り止めもしくは練習として受けるため,受験者数が非常に多くなる傾向にあります。しかし,国公立に合格する生徒が多数生まれるので,合格者の数は募集定員に比べ非常に多くなり,補欠合格が多くなるのも特徴です。

お気軽にお問い合わせください。072-645-5277受付時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。